ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

堀内勉『コーポレートファイナンス実践講座』(中央経済社、2014年)

コーポレートファイナンスの入門書のご紹介です。

コーポレートファイナンス実践講座

コーポレートファイナンス実践講座

本書は、元森ビルCFOの著者が、日本のコーポレートファイナンスに関して、全体像からトピックスに至るまで解説した良心的な本です。

コーポレートファイナンスを解説した本は多々ありますが、難解なファイナンス理論の紹介に終始しているもの、管理会計の解説がメインになっているものが多く出版されているかと思います。

本書はそれらの内容も充実していますが、具体的な手法やケースメソッド、実務に生きる細かい知識が多く記載されており、類書とは一線を画しています。

著者は金融の専門性だけでなく、不動産における多様な調達方法も熟知しており、参考になる内容ばかりです。

また、入門書として優れているのが、参考付録として、経済史年表や経済学者の簡単な紹介、金融関係の参考書籍がある点です。

他の書籍・知識へのリンクがついているのは、初学者にとても有益でオススメしたい点です。