ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

全国歴史教育研究協議会編『世界史用語集』(山川出版社、2014年)

大学受験世界史で有名な1冊です。

世界史用語集

世界史用語集

私自身は世界史選択ではなかったのですが、社会人になって世界史の教養も必要だと感じるようになり、本書を買いました。

読んでいて面白い本ではないですが、記憶のトリガーになればと思ってたまに開いています。

私が世界史で読んだ本は、『市民のための世界史』*1という歴史全体を概観する本なので、用語集で細かい知識を補填することは意義があります。

世界史受験業界でも、本書に記載されている頻度数が参考にされていることが多い、権威ある一冊です。用語集で迷うようであれば本書を手に取ってみてください。