ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

大阪大学歴史教育研究会編『市民のための世界史』(大阪大学出版会、2014年)

一般向けの世界史の教科書の紹介です。

市民のための世界史

市民のための世界史

本書は、大学の一般教養課程や、生涯教育の場で用いられることを念頭に置いた教科書です。

高校の世界史の教科書に比べて、細かい語句が省かれ、歴史の流れを押さえることに軸足を置いた本です。

ただ、個人的には、中途半端な印象を受けました。

一般の読者も想定している割には、図や写真がほとんどなく、字で淡々と説明しています。

そして、歴史の流れを優先している割には、時代に関しての大枠の説明もあまり多くなく、理解が深まる感じがありませんでした。

これであれば、山川の世界史の教科書*1を読んだ方が分かりやすいと思います。

世界史という広大な分野を、1冊で鳥瞰するのは簡単ではないようです。