ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

フォトリーディングを本の読み方に組み入れてみる

眉唾ですが、フォトリーディングについての本を読んでみました。

超一流の人がやっているフォトリーディング速読勉強法

超一流の人がやっているフォトリーディング速読勉強法

みなさん、フォトリーディングという言葉をご存知でしょうか。

写真を見るかのように、本を画像として脳に写し取っていく読み方なのですが、興味があったので上記の本を読んでみました。

この本で解説されているフォトリーディングは、①目次を読んで本の全体像と読む目的を明確にする、②ページ全体を俯瞰するように見開き2秒くらいでフォトリーディングしていく、③分からない部分、気になる部分は、文章の一部だけを読んで理解する、④本を読み終わったらキーワードを20個ほど抜粋して頭の中で要点をまとめる、⑤マインドマップを作成して内容を理解/暗記する、というものです。

結局のところ、「フォトリーディングは理解のための読み方ではない」というのが感想です。

暗記のために、通読した本をフォトリーディングしていくのが、現時点での活用法です。

結局、夢のような方法などなく、着実に読んでいくしかないということですね。