ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

伊賀泰代『採用基準』(ダイヤモンド社、2012年)

伊賀泰代氏の主著のご紹介です。

採用基準

採用基準

本書は、マッキンゼーの人事マネージャーだった伊賀泰代氏がマッキンゼーの採用において重視している基準やリーダーシップとは何かについて詳述している本です。

マッキンゼーというと外資系戦略コンサル最難関ということで、地頭がよくないと入れないといったイメージが広く共有されています。

ケース面接という特殊な手法が用いられていること、コンサルタントという職業には頭の良さが多少なりとも必要となることから、上記のようなイメージが一般的に共有されているのだと思います。

しかし、マッキンゼーで重視されているのは、地頭ではなく「リーダーシップ」であると本書では明らかにされています。

リーダーシップといっても、いわゆる小学校の学級委員や、大企業の管理職のような名ばかりのリーダーや調整役ではなく、自ら責任を取って、チームを率い、目標を決めて決断し伝え、常に先頭を走っている存在であるとされます。

近時、アメリカでの人気を受けて日本でもリーダーシップ論が盛り上がっていますが、本書はその先駆けともいうべき本です。

ビジネス書においてはもはや古典の感すらある1冊です。お時間のある時にぜひ読んで、リーダーシップ論に入門してみてはいかがでしょうか。