ゆとり社会人の読書ノート&エクセルVBA

素人が公法を中心に幅広く読書をします&エクセルVBA奮闘記です。

朝倉祐介『ファイナンス思考』(ダイヤモンド社、2018年)

ミクシィの社長・朝倉氏が語る企業経営論です。

本書は、「PL脳」に侵された日本企業に、ファイナンス思考という新しい考え方を提案しています。

PL思考とは、短期的な外部(市場)の評価を恐れて、売上の拡大を最優先してしまう考え方です。

高度経済成長時代、市場が拡大に対してシェアの維持が最重要課題だった日本企業は、この負の成功体験から未だ抜け出せていません。

他方、アメリカでは上場以来無配を貫くAmazonのような企業があり、これらの企業は、自社の事業が将来的にどれほどの価値を生み出すかを基準に経営を行っています。

限られたパイの中で「選ばれる」起業になるためには、事業の価値拡大と、狭義のファイナンス・社内の資源配分が重要になると唱えています。

言っていることはごもっともなのですが、元がNewsPicksの連載なせいか、内容は薄い気がします。

ファイナンス思考と銘打っている割には、社内の具体的な資源配分や、会社の各成長段階でのあるべきファイナンス思考のあり方等、本当に知りたいことは書いておらず、抽象論で終わっています。

話題の割には読後感むなしい1冊でした。