ゆとり学部生の読書ノート

公法を中心に、気になった本について書きます。

建築知識編『見るだけで分かる!建築基準法入門』(2014年、エクスナレッジ)

建築基準法関連でかなりオススメできる入門書のご紹介です。

見るだけで分かる! 建築基準法入門 (法規シリーズ2)

見るだけで分かる! 建築基準法入門 (法規シリーズ2)

本書は、難解な建築基準法を、実際の建物の写真を例にして解説しています。

建築基準法は、かなり技術的な内容であるため、文章だけでは分かりにくいところがあります。

本書は、写真をベースにしながら、文章による補足説明を加える形で構成されているため、文章を具体的なイメージとリンクさせることができます。

このアイディア自体は誰でも思いつきそうなものですが、実際に、ここまで徹底しているものはそうないのではないでしょうか。

建築系の人、不動産系の人、どちらにもオススメできる好著です。

宅建建築基準法が理解しにくい人には特に読んでもらいたい一冊です。