ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

見城徹=藤田晋『憂鬱でなければ、仕事じゃない』(講談社、2011年)

異色のタッグによる自己啓発本のご紹介です。

憂鬱でなければ、仕事じゃない

憂鬱でなければ、仕事じゃない

本書は、幻冬舎見城徹氏とサイバーエージェント藤田晋氏による、対談形式の自己啓発本です。

見城氏が、成功のための哲学を語り、それに対して藤田氏が、自己の経験を交えて見城氏の哲学を補足しています。

見城氏は、義理人情の大切さや圧倒的努力の重要性を説き、藤田氏はそれに対して同調しているのが全体的な論調です。

見城氏の「過激」な意見に、若者代表である藤田氏が同調することで、説得力が増しているように見えます。

読みやすい(=内容の薄い)本なので、ライトな読書をしたいときにオススメです。