ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

碓氷悟史『西武信用金庫はお客様を絶対的に支援する』(あさ出版、2016年)

不動産融資で問題なっている西武信用金庫の宣伝本です。

西武信用金庫はお客さまを絶対的に支援する

西武信用金庫はお客さまを絶対的に支援する

昨年は、スルガ銀行スマートデイズへの不正融資が問題となりました。

関連して、西京銀行TATERU顧客への不正融資、西武信用金庫の法定耐用年数超過の融資が明るみとなり、西武信用金庫金融庁の検査を受けています。

mainichi.jp

そんな西武信用金庫が不動産融資で絶頂を極めていた時に出版されたのが本書です。

内容は、落合理事長が就任してから様々な制度改革を行った経過、経営成績が向上したという内容です。決算説明資料の「近時の取り組み」を1冊にまとめたような内容です。

成績連動で給与を増やしたり、定年制を廃止したりとそれなりの制度改革を行ったようですが、不動産融資については全く触れられていません。

企業のIRがいかにご都合主義なものかを感じられる1冊です。