ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

前田将多『広告業界という無法地帯へ』(毎日新聞出版、2017年)

女性社員の自殺で有名になった昔の電通の働き方のリアルがつづられた本です。

広告業界という無法地帯へ

広告業界という無法地帯へ

著者は、電通の中でもクリエイティブ部門に属していた方で、電通の「営業職」とは一線を画しており、同じ電通でも一歩引いた電通像を描いています。

また、CM作成の手順や電通の簡単な歴史等にも触れられており、広告業界を知りたい・広告業界に就職したいという人には一読しておいて損はない本になっています。