ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

我妻栄=有泉亨=遠藤浩=川井健『民法1~3』(勁草書房、2008~2013年)

民法入門書として絶大な人気を誇った名著のご紹介です。

民法 1 第3版 (1)

民法 1 第3版 (1)

民法 2 債権法  第3版

民法 2 債権法 第3版

民法〈3〉親族法・相続法

民法〈3〉親族法・相続法

続きを読む

橋本卓典『捨てられる銀行』(講談社現代新書、2016年)

銀行の現状シリーズ第二弾です。

捨てられる銀行 (講談社現代新書)

捨てられる銀行 (講談社現代新書)

続きを読む

浪川攻『銀行員はどう生きるか』(講談社現代新書、2018年)

構造不況に苦しむ銀行員の今後についての本です。

銀行員はどう生きるか (講談社現代新書)

銀行員はどう生きるか (講談社現代新書)

続きを読む

藤由達藏『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』(青春出版社、2015年)

スピード感を持って行動するための心構えをどう作るかを解説した本です。

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

続きを読む

逢坂まさよし『「東京DEEP案内」が選ぶ首都圏住みたくない街』(駒草出版、2017年)


「東京DEEP案内」が選ぶ 首都圏住みたくない街

「東京DEEP案内」が選ぶ 首都圏住みたくない街

続きを読む