ゆとり学部生の読書ノート

公法を中心に、気になった本について書きます。

重邦宜=鎌倉靖二『相続税ゼロの不動産対策』(幻冬舎、2013年)

前回のエントリーで言及した「もう1冊」のご紹介です。

相続税ゼロの不動産対策 (経営者新書)

相続税ゼロの不動産対策 (経営者新書)

続きを読む

森田義男『相続税を減らす不動産相続の極意』(幻冬舎、2014年)

不動産相続における節税についての信書のご紹介です。

相続税を減らす不動産相続の極意 (経営者新書)

相続税を減らす不動産相続の極意 (経営者新書)

続きを読む

竹内一郎『人は見た目が9割』(新潮新書、2005年)

ひと時話題となった新書のご紹介です。

人は見た目が9割 (新潮新書)

人は見た目が9割 (新潮新書)

続きを読む

『実践・不動産評価マニュアル』(プログレス、2014年)

不動産評価に関する本の中で最もオススメできる1冊のご紹介です。

続きを読む

建築知識編『見るだけで分かる!建築基準法入門』(2014年、エクスナレッジ)

建築基準法関連でかなりオススメできる入門書のご紹介です。

見るだけで分かる! 建築基準法入門 (法規シリーズ2)

見るだけで分かる! 建築基準法入門 (法規シリーズ2)

続きを読む