ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

森川亮『シンプルに考える』(ダイヤモンド社、2015年)

LINECEOの森川氏の仕事論です。

シンプルに考える

シンプルに考える

LINEの生みの親である、森川氏の自伝です。

日本テレビソニーを経てハンゲームに入社し、社長としてLINEの成功を導きました。

森川氏は今、LINECEOを退任して、C CHANNELという女性向けのメディアを運営する会社を立ち上げて社長をしています。

2018年は売上12億円、当期純損失22億円となっており、創業したてとはいえ、なかなか厳しいようです。。。

脱線しましたが、本書の内容は、シンプルに考えるという一文に現れているように、仕事において余計なこと(キャリアのことや、社内での評判等)を考えることなく、いいサービスをとことん追求していくことが重要だと語っています。

本書の内容が説得力を持つ日が早く来ることを願っています。