ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

続・メルカリで本を売る難しさ

メルカリで本を売ってみた話の第3弾です。

【第1弾】
uyutomo.hatenablog.com
【第2弾】
uyutomo.hatenablog.com
前回のメルカリ関連の記事で、「メルカリで本を売るのは難しい、なぜなら、古本を買う際にはAmazonブックオフの順に検討しているからその隙間を縫うしかない」という内容を書きました。

今回は、Amazonブックオフに関しての情報補足です。

ブックオフの最新の値付け状況について、分かりやすくまとまっているページを見つけましたので、貼っておきます。

story-is-king.com

なんと、(真偽のほどはともかく)ブックオフの販売価格は、Amazonマーケットプレイスの価格を参考にして、その1~2割引きに設定されているそうです。

これは、私の肌感覚とも一致しますし、買取の金額はあってないようなほど安いので、このような戦略をとるのが合理的でしょう。

ただ、メルカリで売れる類の本を、1~2割安くブックオフで買って読後に出品したとしても、販売手数料と発送費で利益はなくなってしまいます。やはりメルカリで本を売る(利益を出す)ことは難しいようです。