ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

森下清隆『税務・経理の仕事便利帳(第5版)』(法学書院、2018年)

経理部門に配属されたらまず読んでおきたい1冊です。

税務・経理の仕事便利帳

税務・経理の仕事便利帳

本書は、経理部門で行われている仕事を時系列で紹介しながら、決算作業や税務についても業務の外観を伝える良書です。

特に経理の未経験者が本書を読めば、経理部門が何をしている部署なのか、どのような知識が求められるのか、が手に取るようにわかるはずです。

経理部門ではまず仕訳の知識が必要なのはもちろんなのですが、このような仕事全体(しかも税務面まで)網羅している本を読んでおけば、
経理部門全体と自分の仕事をリンクさせることができ、仕事のやりがいにもつながるはずです。

経理部門の人からすると、経理部門と円滑にコミュニケーションを行うために、本書に記載されている内容を把握しておく必要があります。

経理部門の人にも、非経理部門の人にもオススメの1冊です。