ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

伊賀泰代『生産性』(ダイヤモンド社、2016年)

『採用基準』で有名な伊賀泰代氏のベストセラーのご紹介です。

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

本書は、元マッキンゼー人事マネージャーだった著者が、働き方改革が重視される日本における指針として書いている本です。

生産性を、アウトプット/インプットと定義したうえで、日本人はインプットばかり重視してアウトプットに対する意識が低いことを指摘しています。

書評ブログを書いている私には耳の痛い内容です。日頃のインプットをアウトプットに変換していかなければならないと再認識しました。

マッキンゼーでの生産性向上のための施策については、ぜひ書籍を参照してください。