ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

佐藤優『外務省犯罪黒書』(講談社+α文庫、2018年)

評論家として著名な佐藤優氏の著作です。

佐藤優氏は、元外務省官僚で、鈴木宗男氏の汚職事件に巻き込まれて勾留され、在野の評論家となりました。

本書は、古巣の外務省のろくでもない人々について書かれた本です。

用途は、自分の会社と比べて、外務省の腐り具合に安堵する、でしょうか。

どこの組織も変わらないなと思わせてくれる、精神安定剤的1冊です。