ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

板谷敏彦『日露戦争、資金調達の戦い』(新潮選書、)

金融版「坂の上の雲」こと、日露戦争を陰で支えた高橋是清の偉業に迫る1冊です。

日露戦争、資金調達の戦い―高橋是清と欧米バンカーたち (新潮選書)

日露戦争、資金調達の戦い―高橋是清と欧米バンカーたち (新潮選書)

日露戦争といえば、司馬遼太郎の『坂の上の雲』、同じく乃木希典の生涯描いた『殉死』等の有名な作品がありますが、それらに負けず劣らずの内容です。

当時2流国の日本が、どのようにして調達を進め、条件を向上させていったかが、グラフや他国との比較を交えて書かれています。

誰も引き受けたがらない大仕事を、高橋が人脈を駆使しして乗り越えていく様は圧巻です。

また、戦局によって日露両国の調達環境が変わっていく様子も興味深いです。当時の日本を、海外がどのように見ていたかが数字として表れてくるので、客観視の材料にもなります。

本書を読むと、日本がいかにギリギリの戦いをしていたのかが手に取るようにわかります。そして、この奇跡を日本人の実力だと勘違いした結果が太平洋戦争かと思うと、人間は歴史に学ばない生き物なのだと実感します。