ゆとり学部生の読書ノート

公法を中心に、気になった本について書きます。

田辺信之監修『入門不動産証券化ビジネス』(日経BP社、2014年)

REITをはじめとする不動産証券化ビジネスの入門書のご紹介です。

入門 不動産証券化ビジネス

入門 不動産証券化ビジネス

本書は、不動産証券化ビジネスの構造や、今後の可能性、上場REITの一覧までを網羅した入門書です。

1冊目の入門書として、かなり完成度は高いと思います。

図表も適宜挿入されており、理解が進みます。

ただ、内容面で若干の物足りなさを感じるのも事実です。

よりしっかり学びたい人には、

をオススメします。

この本も、1冊目の入門書として読むことができ、『入門不動産証券化ビジネス』よりも突っ込んだ内容を、わかりやすく解説しています。

REITに興味がある人は、この2冊のどちらかから入門することをオススメします。