ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

ブログ運営について

機能的改善

昨日から、Zenbackとfeedlyを導入してみました。feedlyについては、個人的に便利なサービスだと思うので、今後もfeedlyボタンは設置していきます。Zenbackについては、ブログの読み込みが遅くなるので、利便性が高くなければ、元に戻したいと考えています。もし何かしらの要望などがあればご一報ください。

追記

Zenbackについては、あまり利便性が感じられなかったので、元に戻しました。

内容的改善

最近の検索流入を見ていると、長谷部恭男教授の検索数が伸びています。おそらく、衆議院憲法審査会の件で、社会的な関心が高まったからだと思います。長谷部教授の著作・論文はまだ紹介していないので、そのうち取り上げられればと思っています。

また、安定的に検索流入があるのが、仲正昌樹教授です。彼の入門書シリーズの人気が窺えます。本来ならば、彼の博士論文である『「隠れたる神」の痕跡―ドイツ近代の成立とヘルダリン』(世界書院、2000年)などの論文集を紹介するべきなのでしょうが、私は哲学に疎いので、それが実現するのは何年先のことになるやら……というわけで、しばらくは憲法の話が中心になってしまいますが、ご了承ください。

今後のエントリーとしては、以下の内容を企画しています。

  1. 憲法学の論争を振り返る
    • 宮沢・尾高論争
    • 佐々木・和辻論争
    • 主権論争(樋口陽一・杉原泰雄)
    • 営業の自由論争
    • 長谷部・松井論争
    • 長谷部・小山論争
    • 高橋・小山論争
  2. 憲法学者を読む
    • 特定の論者の主張と読むべき論文の紹介
    • 特集してほしい研究者を募集中です(必ずしもご期待にお応えできるとは限りませんが)。
  3. 新書と侮るなかれ
    • 手軽さに堕していない「読むべき」新書を特集します。

何かご要望がありましたら、コメントいただければ幸いです。