ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

小塚荘一郎=佐藤雅彦編『宇宙ビジネスのための宇宙法入門』(有斐閣、2015年)

宇宙法の入門書を読みました。

宇宙ビジネスのための宇宙法入門

宇宙ビジネスのための宇宙法入門

本書は、ほぼ唯一といっていい「宇宙法」の入門書です*1

書名は「宇宙ビジネスのための」とありますが、宇宙法全般についての入門書として使えると思います。英題がIntroduction to Space Law for Entrepreneursとなっていますが、気にしなくても大丈夫です。おそらく、ビジネスマンにも読んでもらいたくてこういうタイトルになったのでしょう(笑)若干、国際法的記述が薄いかもしれませんが、それは国際法の教科書で補えということなのでしょう。

また、宇宙活動に関する知識も、本書だけで身につけるのはやや難しいかもしれません。他の本で補った方がより具体的に理解できると思います*2

新領域でどのように法が生成されていくのかというダイナミクスを味わいたい方にオススメです。

*1:一応、類書はありますが、出版年が若干古いので、今後は『宇宙法入門』がスタンダードテキストになっていくのだろうと思います。

日本の宇宙戦略

日本の宇宙戦略

*2:

図解ビジネス情報源 入門から業界動向までひと目でわかる 宇宙ビジネス

図解ビジネス情報源 入門から業界動向までひと目でわかる 宇宙ビジネス