ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

松井茂記『アメリカ憲法入門(第7版)』(有斐閣、2012年)

第一人者によるアメリカ憲法の入門書です。

本書は、アメリカ憲法の第一人者による入門書です。

約500ページと分量が多いように見えますが、判が小さく文字も大きいため、分量ほどの「重さ」はありません。むしろ、もっと詳しく!と思うことの方が多いです。それだけ簡明な記述に徹していると言えます。

アメリカは判例法国なので、本書の記述だけでアメリカ憲法を理解することは困難でしょう。手元に判例集があると理解が進むと思います*1

他方、判例とともにアメリカ憲法を学びたいというときには、この本が有用です。

アメリカ憲法 (アメリカ法ベーシックス 10)

アメリカ憲法 (アメリカ法ベーシックス 10)

樋口・アメリカ憲法は、600ページを超える力作で、通読だけでなく辞書的な使い方もできます。

本書でも疑問が解決しない場合には、英語で書かれた文献をあたるしかなさそうです。

Constitutional Law: Principles and Policies (Aspen Student Treatise Series)

Constitutional Law: Principles and Policies (Aspen Student Treatise Series)

chemerinskyは、アメリカ憲法の概説書の中でも特に評価の高いものです。Amazon.comのカスタマーレビューは大変なことになっています(笑)

www.amazon.com

長くなってしまいましたが、松井・アメリカ憲法は、概説に最適の本です。アメリカ憲法を学ぶならまず本書から読み進めることをオススメします。

*1:判例集として定評があるのはこのあたりの本でしょうか。

アメリカ法判例百選 (別冊ジュリスト 213)

アメリカ法判例百選 (別冊ジュリスト 213)

アメリカ憲法判例

アメリカ憲法判例

続・アメリカ憲法判例

続・アメリカ憲法判例

アメリカ憲法判例の物語 (アメリカ憲法叢書)

アメリカ憲法判例の物語 (アメリカ憲法叢書)