ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

重田園江『ミシェル・フーコー―近代を裏から読む』(ちくま新書、2011年)

フーコーの入門書を読みました。

ミシェル・フーコー: 近代を裏から読む (ちくま新書)

ミシェル・フーコー: 近代を裏から読む (ちくま新書)

最近話題の政治思想史学者、重田園江教授の新書1冊目です*1

専門のフーコーについて、『監獄の誕生』を中心に語っています。

本書の面白さは、重田教授のフーコー愛が垣間見える(むしろ全開?)ことにあると思います。

そしてこれは、研究者としてという限定付きのものではなく、この本を書いたフーコーが好きでたまらないからこそずっとこだわって、つき合って、考えてきたことを、ちょうど好きでたまらない子のことを考えたくないのに考えてしまう、恋の強制力のようなものに動かされてきた結果を、読者に示すことでもある*2

この引用を見ても明らかですね(笑)

本書は、フーコーの思想の要約版ではなく、読者にフーコーの面白さを伝えようとする意欲作です。

なんせ帯には、『「入門書」で感動したこと、ありますか?』との挑発的なコピーがあるくらいですから。

フーコーの著作を読んだことがないので、この本とフーコーの著作がどのようにつながっているかは分かりませんが、おそらくフーコーの時代背景を補ってくれるような記述が多いです。

マニュアル本ではないということさえ理解して読めば、おそらく「感動」できる本だと思います。オススメです。

*1:2013年には、同じくちくま新書から2冊目が出版されています。

社会契約論: ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ (ちくま新書 1039)

社会契約論: ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ (ちくま新書 1039)

*2:本書24頁。