ゆとり学部生の読書ノート

公法を中心に、気になった本について書きます。

大村敬一=俊野雅司『証券論』(有斐閣、2014年)

今日は、証券論でイチオシの本の紹介です。

証券論 -- History, Logic, and Structure

証券論 -- History, Logic, and Structure

この本は、「証券とは何か」という疑問に518ページを費やして答えてくれる本です。

とにかく、①詳しくて、②網羅的で、③わかりやすい本です。
証券論に興味があったからなのか、本書が魅力的だからなのかはわかりませんが、一気に読んでしまいました。

類書の中ではかなり厚い方なので、辞書的に使うこともできるでしょう*1

そして、表紙もなんだかかっこいい!(あくまで個人的見解)

それでももし本書を読むのがためらわれるのなら、まずは以下の本で入門するのも手かもしれません。

入門証券論 第3版 (有斐閣コンパクト)

入門証券論 第3版 (有斐閣コンパクト)

ファイナンス論 -入門から応用まで (有斐閣ブックス)

ファイナンス論 -入門から応用まで (有斐閣ブックス)

いずれにせよ、証券論を勉強するなら必ず読んで欲しいと思いました。

*1:もっとも、通読できない量では決してありません。