ゆとり学部生の読書ノート

公法を中心に、気になった本について書きます。

行政法

西尾勝『行政学(新版)』(有斐閣、2001年)

行政学の教科書を読みました。行政学作者: 西尾勝出版社/メーカー: 有斐閣発売日: 2001/04メディア: 単行本購入: 7人 クリック: 114回この商品を含むブログ (37件) を見る

櫻井敬子『財政の法学的研究』(有斐閣、2001年)

サクハシ行政法で有名な櫻井敬子教授の論文集です。博士論文を元に大幅に加筆されているようです。財政の法学的研究作者: 櫻井敬子出版社/メーカー: 有斐閣発売日: 2001/10メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る

山本隆司「客観法と主観的権利」長谷部恭男編『岩波講座 現代法の動態 1 法の生成/創設』(岩波書店、2014年)

岩波書店から17年ぶりに発行された法律学全般の講座ものです。法の生成/創設 (岩波講座 現代法の動態 第1巻)作者: 長谷部恭男,大村敦志,佐伯仁志,荒木尚志,道垣内弘人,亀本洋出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2014/05/29メディア: 単行本この商品を含むブロ…

エバーハルト・シュミット-アスマン(太田匡彦=大橋洋一=山本隆司訳)『行政法理論の基礎と課題―秩序づけの理念としての行政法総論』(東京大学出版会、2006年)

シュミット-アスマン教授の行政法総論を読了しました。行政法理論の基礎と課題―秩序づけ理念としての行政法総論作者: エバーハルトシュミット‐アスマン,Eberhard Schmidt‐Assmann,太田匡彦,山本隆司,大橋洋一出版社/メーカー: 東京大学出版会発売日: 2006/1…