ゆとり社会人の読書ノート

法律を中心にいろいろな本を読みます

2019-01-11から1日間の記事一覧

藤沢数希『外資系金融の終わり』(ダイヤモンド社、2012年)

リーマンショック前までの「輝かしい」外資系金融機関(投資銀行)を懐かしむ1冊です。外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々作者: 藤沢数希出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2012/09/14メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 3人 …